アコムの増額審査に落ちたら!お金が今すぐ必要なときにできること

c

アコムに限らず、消費者金融の増額には時間がかかり、債務者の条件が好転しているなど貸し手側からの提案でもなければ、迅速な増額は難しくなります。

そのために、増額を予定していたにも拘らず審査に落ちてしまうとお金の工面に困ることになり、他の方法を取らざるを得なくなります。

アコムの増額においては、審査の内容としては第一に返済能力があり、申込み時点での収入が確認されることになります。

他にも、取引履歴などの実績も加味されて判断されることになり、信用情報の確認で他社からの借入が4社以上ある場合や、他社も含めて延滞などの事故歴がある場合には、まず、審査が通らないことになります。

アコムの増額審査に落ちてしまいお金が必要な場合には、まず、借入ですぐに対策をすることは難しくなります。すぐにでもお金の工面をするには、友人、知人、身内などから一旦借りるしか方法はなく、くれぐれも闇金などには手を出さないようにすることが重要になります。

直近とはいかないまでも多少時間に余裕がある場合には、方法としては2つがあり、1つは、アコム以外の消費者金融への申込があります。

ただし、ここでの条件としては、返済能力の審査はもちろんのこと総量規制に抵触しないことがあり、既にアコムで年収の3分の1を借りているようであれば、借入をすることは不可能となります。

もう1つの方法としては、銀行系の利用があります。銀行の場合には総量規制の適用外となっているために、借入できる可能性があり、債務者の状況によっては、まとめローンを利用してアコムへ全額返済をし、窓口を1本化することができます。

難点としては現状の借入総額からどのくらいの増額で新たに借入できるのか分からない点があり、返済能力によっては思ったほどの余裕金を得られない場合があります。

アコムの増額と総量規制の関係について

アコムの増額において注意したいのは、総量規制の範囲内に収めることです。初回の借入だけでなく、増額にも総量規制は適用となるのです。

例えばアコムから100万円を借りるためには、最低の年収ラインが300万円となります。年収の3分の1までしか借入できないと法律で決まっているのです。

年収300万円でアコムから80万円の借入をしている場合は、残りの増額枠は20万円となります。30万円の増額を受けると年収の3分の1を超えるので、年収を上げない以上は増額を受けることはできません。

アコムの増額においては、他社の借入も考慮してください。アコム以外の消費者金融から借りていれば、その分も総量規制の対象に含める必要があります。すべての業者の借入を合算して、年収の3分の1以内に抑える必要があるのです。

この範囲内に抑えた場合でも、確実に追加融資を受けられるとは限りません。最終的にアコム側が利用者の返済能力を見極めて、融資をするかどうか決定するのです。

アコムで増額を受けたいと考えている方は、本当に借りる必要があるか冷静に考えてみることも必要でしょう。たくさん借りるほど返済に時間を要するので、節約生活をして借りなくてもよい生活基盤を立てることも大切です。

現在の借入分を積極的に減らしていくことで、毎月の返済額もそれにスライドして少なくなります。カードローンを上手に借りるためには、借入よりも返済に重点を置いて利用することが大切なのです。