アコムはいくら借りられる?借入額と増額方法について

business-163501_640

消費者金融のアコムは、利息制限法の範囲内で限度額が決定されます。最高800万円まで融資に対応していますが、誰でも借りられるわけではありません。

目的の金額を借りるためには、少なくともその3倍の年収が必要となります。例えば100万円をアコムで調達する場合、最低300万円の年収が必要になるのです。

アコムの借入額は一般的に100万円以内になると考えてよいでしょう。高額を借りようとするほど、審査のハードルは高くなってしまいます。

初回で借りられる金額は総量規制の限度額よりも、かなり少なくなると考えてください。最初は少ない金額からスタートして、段階的に引き上げられていくのです。

借入額を増額したい場合は、アコム総合カードローンデスクに連絡して審査を受けることになります。審査で不利になってしまう方は、借入額を大きく設定している可能性があります。

多めに限度額を用意しておけば安心と考える方は多いですが、限度額に余裕があると借入額は増えてしまいがちです。たくさん借入をすると返済も大変になりますから、なるべく借入額は少なくなるように調整しましょう。

アコムの借入は最初は30万円以内からスタートすることが多いです。財布にお金がないという状況では、大抵の方は2~3万円も借りれば問題ないでしょう。

こうした状況で数十万円の借入をする必要はないので、審査の通過率を高めるためにも希望額はなるべく抑えておきましょう。増額に関しても特に必要ないなら、今までの限度額でやりくりするのが得策です。

アコム増額コツを伝授!申請前にチェック!審査通過の条件一覧

check 虫めがね
check 虫めがね

アコムでお金を借りている方が借入限度額を増額するためには一定のコツがあります。その要点を押さえていないと審査に通過することができませんし、増額審査の間、追加融資を受けることができないでしょう。

アコムの増額審査では収入面と取引実績が注目されています。アコムは消費者金融系カードローンとなっているため年収の1/3までしかお金を借りることができません。

例えば年収300万円の方がクレジットカードのキャッシング枠で10万円借りていて、プロミスから30万円借りている場合、アコムでキャッシングできるのは最高で60万円というわけですね。

このような借り入れ制限のことを総量規制といい、この限度額を超える額を増額申請したとしても融資を受けることはできません。年収300万円が400万円に増えた場合は借りられる上限が増えるので増額審査に通る可能性が高くなるでしょう。

また非正規雇用で借り入れしたいた方が正社員に登用されることで借り入れ上限がアップする時があります。収入面は返済能力に直結しているので、ポイントとして頭に入れておいてくださいね。

続いて取引実績を重ねていることが条件の一つとなります。最低でも6か月以上は借り入れ経験のある方が良いでしょう。

期間が長く、返済履歴が良好ならば増額申請に応えてくれる可能性も高まります。ただ履歴が悪く、取引実績が悪い場合は増額申請した時に限度額が減額することもあるので注意してくださいね。

アコムの増額のお知らせがないときの対応

アコムでは、6か月に1回の割合で全顧客の利用限度額の変更の独自審査を行っており、増額可能な顧客には、アコムのほうから電話連絡などで増額可能のお知らせを行っています。

つまり、逆に言うと、この連絡がないということは、少なくともその時点では審査を通過できなかったということになります。しかし、それでも資金が必要になり増額の申込みをしたい場合には、どのような対応をすればよいでしょうか。

まず、一つの方法として、契約時に利用しているかもしれませんが、アコムのお試し診断を受けてみるという方法があります。増額した場合の残高と属性を入力してみるのです。

ここで融資可能と出れば、契約可能な場合もあると考えられます。ただし、返済に遅延などの問題があった場合や、他社で新たな借り入れをしたりしている場合には話は異なります。

また、アコムのコールセンターに連絡して相談してみるというのも手です。正確に事情を説明すれば適切なアドバイスがあるはずです。

webの会員専用ページからは、簡単に増額の申込みをすることができますが、正式に審査を受けることになりますので、審査通過できればよいのですが、審査落ちした場合には信用情報に記録が残りますので、一定期間については審査落ちしたという事実が不利に働くことを覚悟しておかなければなりません。

基本的には、アコムで増額契約の審査に通過するには、取引開始後から半年ほどはしっかりと遅延なく返済すること、その間、新たな借り入れをしないことなどが条件となりますので、一時的でも繰り上げ返済をして残高を減らすなどしておくと、再審査も通りやすくなる可能性はあります。